低用量ピルってなに?

低用量ピルってなに?

 

ピルというと、避妊薬というようなイメージが先行してしまうかもしれませんが、低用量ピルというのは婦人科系のあらゆるトラブルにおいて高い効果を期待することができる治療薬なのです。

 

低用量ピルの女性に対しての効果というのはたくさんありますが、月経が周期的になったり、月経の出血が少なくなる。
貧血が改善される、多毛症を改善できる、といった効果を期待することができるのです。

 

更年期障害の治療の1つとして低用量ピルを使用する、というものあります。
40代になって更年期障害の症状が出ているけどホルモン補充療法をするまではない。
そのような場合にはおすすめの治療法です。

 

低用量ピルを服用することで、体内のホルモンバランスを簡単に安定させることができます。
そしてホルモン量が安定することで色々な症状が軽減するようになるのです。
低用量ピルとホルモン補充療法における使い分けですが、40代から45歳までであれば低用量ピルを使用するというのが良いでしょう。

 

低用量ピルを使用して更年期障害の治療を行う場合には、婦人科における診察が必要になります。
年に2回は血液検査が必要になります。

 

また、子宮内膜症以外の疾患に対しては保険が適用されることはありませんので、更年期障害における治療というのは実費になってしまいます。

 

マーベロン

 

高校生でもピルを処方してもらえるの?

高校生で妊娠する子って結構いますよね。
今の時代だと、中学生でも結構いるのかな。
でも、親はショックですよね~。
せっかく子供が大きくなって、これから楽になる・・・と思っていたのに、いきなり子供が妊娠とかって。
子供だからピルの処方っていうのも、対策としては難しいでしょうし。
大人になれば、ピルを処方してもらって、女性が積極的に避妊対策をすることもできますが。
若い学生の頃となってしまうと、やっぱり男性主導の避妊になってしまいますよね。
子供だから、まだまだ避妊の認識がない子も多いと思いますし。
ただ、子供が出来た後に、苦労するのは女性なんですよね・・・。
男性は作るだけ作って、責任を取らないケースが多いですね。
ピルでちゃんと避妊をしていれば、子供だっておろさないで済む可能性だってありますからね。
そういうのを考えると、やっぱり避妊っていうのは、すごく大事だと思いました。
本当だったら、体の関係を持つんだったら、女性には自分で避妊対策をしてほしいと思います。
男性任せになってしまうと、男性に逃げられた時に、やっぱり一人だけ傷ついてしまうので、すごく女性は損になってしまうことをもっと良く知って欲しいと思います。

 

トリキュラー

更新履歴